2007年7月24日火曜日

電気通信学会の思い出

 入社の頃、最初に与えられた仕事は、オーストラリア(多分気象庁)が募集中の気象ラジオ・ゾンデ追跡用の追尾レーダー(トラッキング・レーダー)の提案書書きであった。しかし、わが国のレーダーも緒に就いたばかりで、その頃の国産では唯一M電機(株)の渡部さんという人の書いた電気通信学会(そのころはまだ電気学会と分離していなかったかもしれない)の試験機と論文のみが知られていた。
実績のないわれわれは、せめてデータだけでもとばかり、久里浜の陸上自衛隊通信学校のMPQ-10という米軍が2次大戦で使用した追尾レーダーを使用させてもらってデータを取った。このレーダーはSバンドの組み立て式捜索レーダーFPS-1(だったと思う)と組にして高射機関砲システムの基幹をなす有名レーダーだった。久里浜の台風の日にコーナー・レフレクタを飛ばしての実験のことは別に書いたかもしれないが、ここでは割愛する。
 
 次に富士山気象レーダーの設計チームに加わったが、わが社は受注できなかったので再び仕事が変わった。すでに仕事が始まっていた羽田空港ASR(空港監視レーダー)の手伝いをしながら日を過ごしていた。このころ印象深かったのはASRのアンテナ・ペデスタル(基台)のメインテナンスのため羽田の旧タワーに登り空港エリアを一望し「この空港の発着航空機を見守っているのだなあ」と感慨を深くしたことであった。

 そうこうしているうちに、箱根観音山のARSRレーダー(空路監視レーダー)の受注合戦が始まった。
このレーダーはLバンド(波長は約24,5cm)でここでも国産技術はまだなかった。自分は担当の一員になって特にマイクロ波部品の開発をするよう命じられた。大電力マイクロ波の送信-受信切り替え器(サーキュレーター)と終端器(ターミネータ)であった。特にサーキュレーターはLバンドの大きい銅の導波管の立体回路でフェライト移送器を含む如何にもマイクロ波回路らしい知恵の結集のようなものだった。フェライトは自前の研究所で栗原博士や徳永さんたちに徹夜で焼いてもらったり、研磨も特別に工程に入れてまらったり、実験も徹夜などして作り上げた。
 
 仙台の東北大学工学部で電気学会が開かれた。自分たちはサーキュレータの論文を提げて参加した。あのころまでは学会も盛況で各方面の技術動向も風通しがよかったような気がした。
各社の技術者にも知り合えたし、なにより先端にいるという励みになった。しかし、仙台を最後に学会には無縁になった。学会の範囲が広範囲になったこと、企業秘密というか先端技術を学会でオープンにする意味がなくなったこと、などが原因であろう。
 これに比べると米国の技術雑誌例えばマイクロウエーブ・ジャーナル誌、マイクロウエーブ誌など技術誌はただ同然で先端技術を公開し、これによって米国の業界に部品発注が来ると見込んでの自信満々の政策かもしれないが、この面で世界に及ぼした影響力は絶大なものがあったと思う。日本もこのお陰をこうむっていると思うと、いつの日にかある面ででも日本にもこういう世界をリードすることが出来るのだろうかと、思わざるを得ない。あるいは環境改善技術、原子量力発電・・・・・・・。

 そのころから業界は深い秘密と各社各様の方針による閉鎖社会になってしまったようだ。技術者たちは発表の場を奪われ、若者たちの理科嫌いを造出する一原因になったようだ。要するに理科系などは面白くないのだ。もっと若いうちに仕事を変えて置けばよかったと思うこともある。