2007年6月15日金曜日

かみなり岬

 わしが現世の「肩身の狭い」仕事についたのは、まだ紅顔の美少年?のころでござった。
いつの間にか「わが国初の」と称する試作移動型大電力発信器を引っさげて丹後半島は経ヶ岬近くの駐屯地のはずれに来ていた。官の研究所の電波発射試験を手伝うためである。
 その試験をすることになった「かみなり岬」は海に突き出した大岩の断崖絶壁の上層部が土に覆われた形をしていた。高さが2,30mはあろうかという断崖の岬の取り付き部は一際狭くなっていて、何か神秘的な雰囲気もあった。入り口の裸の崖を除いて上層部は一面に草が生え、その周囲は3mくらいの小松に囲まれていた。崖が見える入り口の手前の松林の中には古い「文殊堂」という社があって何か岬に関連がありそうだと感じた。
 この岬が「かみなり岬」と呼ばれるからにはそれだけの訳があろうと思っていた。試験装置を展開した岬の草場の下は岩盤だからアースをとる銅の棒などは受け付けない。一計を案じて町で数十メートルのワイヤーロープを求めて来て先端に大きい岩をくくりつけ海に投げ込みアースの代わりにした。
 ある日嵐になった。案の定かみなり岬は落雷の集中する場所だった。海中に投げ込んだワイヤーロープのアース棒のお蔭か機材は落雷で壊れなかった。ただ、試験機と計測ハットメント間に張ってあった信号ケーブルには、恐らく誘導雷が発生したのであろう。ケーブル両端の信号入出力端末の半導体素子は軒並み耐電圧破壊を受けた。
 この岬と文殊堂の海岸側下には見事な?男根形の大岩と女性シンボルの割れ目岩があってなおさらのミステリーが感じられた。
 なお、われわれが試験電波を発射して何分か経つと決まって秋田沖から「東京急行」と呼ばれた正体不明機が南下してくるのがレーダーで見えた。恐らく電波の正体探査が目的だと思ったものである。バジャーという大型飛行機ではないかと噂した。