2007年6月12日火曜日

時空天の口上

 つまらぬ思惑のため、これまで口を閉ざしてきた世界がある。「王様の耳はロバの耳」。王様でなくとも耳元でささやく声がうるさくって仕様がない。声を山辺の木の祠に吹き込もうにもそんな場所はあろう筈もない。
 幸い座ったままで声を書き込むことができるブロッガー「山辺の木の祠」に行き会った。いい加減苦く面白く過ごした人生だ。語り終わらないでいるものか。時空を超えた韋駄天すなわち時空天になった積もりで、思いつくまま字を書きセピア色の写真や絵を描き彷徨ってみることにしよう